11月16日、鈴鹿サーキットでSRS-F(鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ)のスカラシップ最終選考会が行われ、大湯都史樹が首席、笹原右京が次席で卒業。2017年のHFDP(ホンダ・フォーミュラドリーム・プロジェクト)のスカラシップを獲得した。

中嶋悟校長のもと、多くのベテランレーシングドライバーが講師を務めるSRS-Fは、これまで数多くのトップドライバーを輩出してきた国内トップクラスのレーシングスクールのひとつ。また、このスクールでスカラシップを獲得すれば、FIA-F4など上位カテゴリーへ参戦することが可能となる。

参加者たちは、今年1月から選抜に加わり、3月に8名がSRS-Formulaアドバンスに入校。そこからさらに選抜された大湯、笹原、名取鉄平、角田裕穀という4名が9月にスタートしたSRS-F選考会に参加した。

16日(水)に行われた最終選考では、上述の候補生4名のほか、2016年のFIA-F4選手権に参戦した上村優太、石坂瑞基、坂口晴南、大滝拓也、同じく今季の全日本F3選手権に参戦した石川京侍、大津弘樹の6名が走行した。