予選結果

#2:8位

決勝結果

#2:6位

・第6戦の決勝は午後2時40分にフォーメーションラップがスタートした。この時、宮田、ミレッシ、大湯、河野、三浦愛(ThreeBond F314)、久保田克昭(Planex・スマカメ F3)は、予選で残していたニュータイヤを装着。その他のドライバーはユーズドタイヤでのコースインとなった。

・1周を終えた時点でのオーダーは、アーメド、フェネストラズ、片山、宮田、ミレッシ、阪口、大湯、河野。だが、2周目を終えるところで、アーメドと久保田にはドライブスルーペナルティーが科せられた。これでトップに立ったのは、フェネストラズ。2番手に片山、3番手に宮田、4番手にミレッシ、5番手に阪口、6番手に大湯とオーダーは変わる。

・4位にミレッシ、5位に阪口、6位に大湯。この3台も最後まで僅差の戦いを繰り広げていたが、順位は最後まで入れ替わらなかった。

 

——————————————————————————————————————-
【参照】
JAPANESE FORMULA3
・予選
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round06/Result_0608_01.pdf

・決勝
https://archives.superformula-lights.com/season/2019/report/report190608_r01.html
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round06/Result_0608_03.pdf

auto sport web

https://www.as-web.jp/domestic/489893