予選結果

#2:2位

■コメント
大湯 都史樹

(TODA FIGHTEX/Car No.2/TODA RACING/TODA TR-F301)

「チームは作戦面やマシンの状態に関して最大限のことをして送り出してくれました。いい予選だったとは思いますが、僕自身がまとめ切れず、ああすればよかったと思う点がいくつかあるので、そこは反省点です。決勝はまたコンディションが変わると思うので、その中でもなんとかトップをとれるように頑張ります。先日の鈴鹿ではエナム選手のスタートが抜群に良かったので気を付けたいですね。悪くてもポジションキープ、できれば一番前に立ってレースを進めたいです」

決勝結果

#2:2位

・トップ争いはセーフティーカーが抜けた初めの半周ほどは僅差だったが、そこからフェネストラズが大湯を引き離していく展開に。予選でも雨での速さを見せたフェネストラズは、ファステストラップを更新しながら周回を重ね、大きなマージンを稼いだ。大湯の後ろにつけるアーメドも少しずつ離され、それぞれ単独走行に。

・そして、14周のレースを危なげなく走り切り、フェネストラズは今季2勝目。2位の大湯に対しては、7秒以上の差をつけての完勝だった。レース中のファステストラップも獲得し、予選PPと合わせて一気に12ポイントを獲得。宮田を上回り、ポイントリーダーとなる。2位には今季初表彰台の大湯。

■コメント
大湯都史樹

(TODA FIGHTEX/Car No.2/TODA RACING/TODA TR-F301)

「今シーズン初表彰台は素直にうれしいですが、周りとの差を考えると喜んでばかりもいられないですね。スタートを狙っていたので、SCスタートになったことは個人的には残念でした。でも、タイヤが温まり切っていない状態の序盤も前についていけたし、レースを通してやれることはやれたと思います。明日は今日よりも上を目指して頑張ります。2番手というのはチャンスのあるポジションです。スタートですべてが決まるわけではありませんが、そこで決めて、自分がやるべきことをしっかりやっていきたいです」

 

——————————————————————————————————————-
【参照】
JAPANESE FORMULA3
・予選
https://archives.superformula-lights.com/season/2019/report/report190518_01.html
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round02/Result_0518_1.pdf

・決勝
https://archives.superformula-lights.com/season/2019/report/report190518_r01.html
https://archives.superformula-lights.com/season/2019/report/report190518_c01.html
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round02/Result_0518_3.pdf

auto sport web

https://www.as-web.jp/domestic/483036?all