予選結果 

#2:8位

決勝結果

#2:3位

・1コーナーでコースオフした大津はアーメドにもかわされ4番手に後退。その大津の後ろには8番手から追い上げてきた大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が迫り、最終コーナーで逆転。次の1コーナーでは大津が大湯攻略を狙ったが、大湯は軽くコースオフしながらもポジションを守った。

・15周のレースが折り返すと、リスタート後のバトルも一段落。フェネストラズ、宮田、アーメドはそれぞれ2秒余りの差での走行となる。アーメドの後方には大湯と大津が近づいてきたが、すぐにポジションが入れ替わる状況ではなかった。

・宮田がトップのポジションを取り戻し、アーメドが2番手に浮上した。その後方では、大湯と大津が再び接近。14周目の1コーナーから2台は並びかけたが、コカ・コーラコーナーで大津が再び大湯の前に出ることに成功した。

・その後は大きなポジションの入れ替わりがなく、結果的に宮田がトップチェッカーを受け、アーメド、大津が続いたものの、宮田の車両違反があったことで失格に。このためアーメド、大津、大湯、小高、片山、河野までがポイントを獲得した。

 

■コメント
大湯都史樹

(TODA FIGHTEX/Car No.2/TODA RACING/TODA TR-F301)

「予想はしていましたが、やはり富士は苦しいです。決勝中、雨が降っていた前半は周りとあまり大差なく走れていました。ドライタイヤで雨が降っている時は追い上げもできていましたが、だんだん乾いてくるにつれてペースが悪くなってしまいました。なんとか3位になってポイントが獲れたことは良かったと思っています。いいところもあった半面、うちのチームは富士でいつも苦しんでいるので、そこが改善できるように頑張ります。昨日とはコンディションも変わると思うので、第12戦の決勝では流れを変えたいですね」

——————————————————————————————————————-
【参照】
JAPANESE FORMULA3
・予選
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round11/Result_0713_01.pdf
・決勝
https://archives.superformula-lights.com/season/2019/report/report190713_r01.html
https://archives.superformula-lights.com/season/2019/report/report190713_c01.html
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round11/Result_0713_03.pdf

auto sport web

https://www.as-web.jp/domestic/501957