予選結果 

#2:7位

・宮田が第13戦のPPを獲得し、サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark F3)が2番手、エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark F3)が3番手。以下、小高一斗(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)、今回スポット参戦のハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark F3)、片山義章(YTB by Carlin)、大湯都史樹(TODA FIGHTEX)、河野駿佑(RS FINE K&N F318)、エステバン・ムース(YTB by Carlin)、アメヤ・ベイディアナサン(B-Max Racing with motopark F3)、大津弘樹(ThreeBond F318)、今回唯一のマスタークラス参加者となったDRAGON(TEAM DRAGON F3)と続いている。

決勝結果

#2:6位

・宮田は「とにかくミスせずコース上に留まることに集中して走った」というが、安定して1分15秒台のタイムを最後まで刻み、18周のレースでトップチェッカー。今季4勝目をマークした。4周目にマークしたタイムは結局最後まで破られることなく、ファステストラップの1ポイントも追加して、フルマークを達成している。2位にはフェネストラズ、3位には小高。以下、アーメドが4位に入り、全日本F3初レースながらニューウェイは5位。スタートで片山をかわした大湯が最後の1ポイントを手にした。

 

——————————————————————————————————————-
【参照】
JAPANESE FORMULA3
・予選
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round13/Result_0727_01.pdf
・決勝
https://archives.superformula-lights.com/season/2019/report/report190727_r01.html
https://archives.superformula-lights.com/pdf/2019/round13/Result_0727_03.pdf

auto sport web

https://www.as-web.jp/domestic/506512