決勝結果 

#2:7位

・第16戦の決勝結果がそのまま今回のレースのスターティンググリッドとなるため、フェネストラズがポールポジション。フロントロウに並んだ宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM’S F317)は、このレースに残しておいたニュータイヤでスタートでの逆転にかける。2列目には大湯都史樹(TODA FIGHTEX)と大津弘樹(ThreeBond F319)が続いた。

・注目のスタートでは、フェネストラズも宮田もまずまずの動き出しを見せたが、さらに勢いを見せたのが大湯で、宮田をかわし2番手で1コーナーへと入っていく。2コーナーではイン側にポジションをとっていた宮田が大湯に並びかけ、3コーナーでは立場が逆転して大湯が宮田の前へ。ポジションアップに成功した大湯だったが、続く5コーナーでは再び宮田がイン側から大湯に勝負を仕掛け、再度逆転。

・オープニングラップはフェネストラズ、宮田、大湯、大津の順で終えることに。しかしその後、大湯にはジャンプスタートの裁定が下り、ドライビングスルーペナルティが科される。3周目にピットロードへと大湯が向かい、これで大津が3番手に繰り上がることとなった。

——————————————————————————————————————-
【参照】

https://www.as-web.jp/domestic/513192?all=