予選結果 

Q1:1位

Q2:11位

第5戦から後半戦に突入するSUPER GT。表彰台に乗っているものの、早く1勝が欲しい#55 ARTA NSX GT3は午前のフリー走行で大湯都史樹をメインで走行メニューを進めていった。車のバランスは非常によく、予選、決勝のセットもまずまずの仕上がりだ。

大湯は担当したQ1で車の好調さを結果で見せた。トップでQ1を締めくくり、Q2の高木真一につないだ。


■コメント
土屋圭市アドバイザー

「予想より気温が低くなって路面状況を見極めるのが難しくて、真一も珍しくミスをしてしまったね。誰もが同じ条件とは言え、車が違うので、それぞれの難しさがある。でも、決勝の車の完成度は高いから大事なのは明日だね」

大湯都史樹
「予選についてはウェイトも随分積んでいたので厳しいとは思っていましたけど、車のフィーリングも良く、Q1もトップで走れたので、その時の状態では良いパフォーマンスを出せたと思っています。Q2は高木さんがミスをしたと言ってましたが、Q2前に車をアジャストしたのが裏目に出てしまったのかも知れません。明日の決勝ですが、レースペースは悪くないと思っています。上位に進出出来るように明日に向けて準備して、表彰台に登りたいと思っています」

 

決勝結果 

2位

後半は大湯都史樹。25番手でコースに復帰。大湯のペースは良く、40周目までには4番手までポジションを上げる。さらに、大湯は徐々に上位との差を詰めて行く。終盤は2番手争いに加わり、残り2周で2台を一気に抜き去り、2番手にポジションを上げる。このままチェッカーを受け、今季2回目の表彰台を獲得した。

■コメント
土屋圭市アドバイザー
「真一が安定したレース運びで大湯につなぎ、勢いのある大湯は一気にポジションを上げて表彰台を獲得して、本当に見応えのあるレースだったね。エンジニアやメカニックも本当に良くやってくれた。お客さんがいる前でこういうレースが出来たのは本当に嬉しいね」

 

大湯都史樹
高木さんも良いポジションでボクにつないでくれて、ボクも良いポジションでペースを上げて走る事が出来ました。しかし、終盤はあまりペースも上がらず苦しいレースでしたが、展開的にも前に追いつく事が出来て良いバトルが出来て、2位を獲れたのは良かったです。今回はお客さんも来てくれて、その中でこのようなレースが出来たのは本当に良かったと思いますし、これからもファンの皆さんの前で期待に応えていけるように頑張って行きたいです」

<auto sport webより抜粋>
——————————————————————————————————————-
【参照】