第5戦 決勝を2位で終え、第6戦で今季初優勝!!
詳細なレースレポートはFIA-F4の公式サイトでご確認ください。
FIA-F4選手権第6戦、大湯都史樹がPPから今季初優勝!

大湯のコメント
「昨日タイヤを酷使してしまったので、序盤はセーブしながら走りました。後半はがんばって走りましたが、どうやっても厳しい状況になってしまい、そのため宮田選手が(後方に)来ましたが、バトルに競り勝つことができました。マシンバランスがすごく良かったので、ここまで支えてくださっている皆さんに感謝したいです。岡山では予選で失敗して結果を残せず、富士では最善を尽くしたのに2位で終わってしまい、昨日も途中までは良かったのに右リヤのタイロッドにトラブルが出てしまうなど、悪い流れが続いていたので、ここで勝てたことでホッとしました。もちろんタイトルは狙っていますが、簡単なことではないと思っているので、しっかり準備をして次のSUGOもがんばっていきたいですね」
掲載元URL:https://fiaf4.jp/news/single/286